アットホームな結婚式をするなら、ブライズメイドをお願いしよう

友達か自分の姉妹に

海外ではメジャーなブライズメイドですが、日本でも自由度の高い、アットホームな式では最近見かけるようになりましたよね。自身の姉妹か友達の中から数人選び、特にリーダー役の人はメイド・オブ・オナーに指名されます。結婚式の企画を新婦と一緒に行ったり、結婚まで不安もある花嫁のサポートを行うのが彼女たちのお仕事です。男性版をアッシャーと呼びますが、バランスを考えて人数は揃えるようにするのがポイントなんですよ。

どんなことをしたらいいの?

挙式から披露宴、後で行われる二次会の演出などを新婦やアッシャーと共に企画したり準備を行います。新婦も協力者がいる方が心強いですし、新郎新婦以外のゲストに近い立場の人の目線が加わることでよりおもてなししやすくなるでしょう。結婚を間近に控えた花嫁の為のパーティーである、ブライダルシャワーを仕切るのも大切なお仕事だったりします。当日はバージンロードを先行して歩いたり、披露宴の受付やゲストの案内なども担当するんですよ。

頼んだ後のお礼は必要なの?

ブライズメイドはまだそこまで日本の結婚式では浸透していませんし、少人数制の自由なスタイルの結婚式のように取り入れやすいスタイルもある程度限定されがちです。依頼される側も二次会や披露宴などの受付は行った経験があっても、企画段階からかかわるブライズメイドの経験がないという人の方が多いでしょう。ですから、心を尽くして依頼するべきなのです。式が無事に終わった後はコスメや日用雑貨などのギフトを贈るようにしましょう。ドレスは花嫁が負担します。

家族や親族、親しい友人だけの少人数の結婚式を選ぶカップルが増えています。少人数の結婚式なら東京で手ごろな式場がたくさんあります。