結婚式の挙式スタイルってどんなものがあるの?

オーソドックスな教会式

洋装をしてチャペルで行う教会式は今も昔も多くの人から人気のある挙式スタイルです。

もとは西洋の文化であった教会式ですが、それが日本に伝わって以来日本でもこのスタイルが主流となりました。牧師または神父に永遠の愛を誓う儀式であり、厳かに執り行われるのが一般的です。

真っ白なドレスに身を包み、大聖堂を歩くというのは多くの女性たちの憧れでもあり、結婚式そのものを象徴する挙式スタイルとも言えます。

日本の伝統的スタイルである神前式

日本に古来より伝わる挙式スタイルです。

和装をして神社にて執り行うのが正式なスタイルでしたが、ホテルや式場の中に神殿を構えるところが増えたことから、わざわざ神社まで行かなくても様々な場所で神前式を執り行うことができるようになりました。

和装も神前式も、日本だからこそ経験できる伝統的な挙式スタイルであるため、老若男女問わず多くのカップルから人気があります。

オリジナリティを出したいなら人前式

厳かな儀式というよりはパーティーのように結婚式を楽しみたいというカップルに人気なのが人前式です。神様に誓いをたてるのではなく、ゲストの全員に誓いをたてて証人となってもらうという挙式スタイルです。

大まかな式の流れは決まっていますが、その演出方法はアレンジが可能であるということから、自分たちらしいオリジナルの結婚式にしたいというカップルに人気があります。また進行は司会者が行ってくれるため、特別に神父を呼ぶ必要がないという点からしもて挙式そのものの費用を抑えることができます。

結婚式場を神奈川にすると、夜にはベイエリアのきれいな夜景が見えたり、素敵な教会やレストランが点在しており、素敵な式になります。